2020年9月(またはご覧になってから1か月間)のあなたのメインテーマをリーディング

カードリーディングオラクルカード,共通メッセージ,期間限定,無料リーディング

これをお読みくださっている方々のために、「2020年9月(またはご覧になってから1か月間)のメインテーマは?」と質問を行い、私製のベビー・オラクルカード、バッチフラワーオラクルカードアカシックレコードカードから1枚ずつ引いてみました。

選んだのは以下のカードです。
まずはご自身で、以下の3枚からリーディングを行ってみてください。

感じたことを書き留めておかれるとよいと思います。

書き終えたら、画像下までスクロールして、管理人のリーディングメッセージを参考になさってください。

 

思うようにならない状況が
あなたの本当の思いに気づかせてくれます

ベビー・オラクルカード

<チコリー>

【愛する人を自由に】
コントロールから無条件の愛へ

絵柄はこちらから

SURVIVAL(生き残り)

キーワード:グラウンディング、焦点をしぼったヴィジョン

戦略、ゴール、忍耐、結果

 

 

《管理人のリーディングメッセージ》

※ご自身のリーディング内容を優先し、こちらは参考程度にお読みください。 

今月(またはご覧になってから1か月間)のあなたのメインテーマは、「自分の真意、魂の意図に気づくことで人生を拓く」です。

努力や工夫をしているにもかかわらずままにならないこと、コントロールが全くきかないことに注目してみましょう。
がむしゃらに状況や相手を変えようとしているのであれば、心や行動をゆるめてください。

それはおそらくあなたの真意に沿っていません。
滞りなく進んでしまったら、あなたはそのことに気づかないままなのでしょう。

もしその状況のなかで苦しみを感じているとしたら、思うようにならないからではなく、自分の本心からずれているせいです。

たとえば、それは仕事に関することだとします。

自分の給料が会社への貢献度と釣り合っていないことに不満を感じ、再三上司に待遇改善を訴えているのに、頑として受け入れてもらえず、安月給のままこき使われている状況だと仮定しましょう。

この人は「交渉を成功させたい」と思っています。

しかし、「こんな交渉など初めから必要としない、自分の能力を正当に給料に反映してくれる会社で働きたい」が本当の望みだとしたらどうでしょうか。

それにはっきり気づいたとき、成功する見込みのない無駄な交渉に見切りをつけ、代わりに自分の要求を叶えてくれる職場を探そうとするかもしれません。

そのとき、ついさっきまで思いもしていなかった新たな選択肢「転職」が、目の前に現れます。

「When one door shuts another opens.(捨てる神あれば拾う神あり)」 ということわざどおり、どうやっても開かない扉が目に前に現れてきたときは、別の扉がすでに用意されているものです。
それが魂の意図したものなら、辿り着く先は幸福につながっているに違いありません。

気づいていなかっただけで、この人にも以前から転職という選択肢は存在していました。

あなたの本音を探ってみましょう。
開かれるときを待っている新たな扉を見つけられるかもしれません。