創造力を引き出すマンダラ「KREISE der Großen GÖTTIN」★オラクルとして使えそうなカード37

カードの紹介隠れオラクルカード

「オラクル」「oracle」という名前のつかない「隠れオラクルカード」を紹介するシリーズの第37弾です。

 

 

今回ご紹介するのは、「偉大なる女神の円環」。
絵柄はマンダラで統一されています。

私たちの中にある偉大な女神の一面を明らかにし、マンダラの癒やしのエネルギーによって原初的な女性の創造力を発揮できるようしてくれるカードだそうで、ヒーラー、アーティスト、勇気のある人向けのようです。

特に人生におけるクリエイティビティを必要としている方、またクリエイティビティが必要とされる場面に適しているかもしれません。

では、絵柄とメッセージを見ていきましょう。
(画像はアフィリエイトによる合法転載です。)

(拙訳)
受容

偉大なる女神、神聖なる母よ、私はあなたの力とあなたの恵みに自分を開きます。私は、すべてを受け入れる準備ができています。
私は完全な愛の中で生きるために、すべての贈り物を受け取り、自分の贈り物を受け入れる準備ができています。
このことに感謝します。

 

(拙訳)
悟りを開いた者

ハイヤーセルフ、偉大なる女神よ、私の中の悟りの力を強めてください。日常生活に飲み込まれそうになるとき、私は静寂の中に入る準備ができています。私は、自分が導かれ、自分の中に悟りを開いた自分がいることを思い出します。ありがとうございます。

 

(拙訳)
笑い

偉大なる女神よ、私の中の平和と喜びがある場所にどうか私を導いてください。私の内なる子供が屈託なく笑い、気楽さが私の中に再び存在する場所へと導いてください。ありがとうございます。

 

(拙訳)
シスター

私の神聖なハイヤーセルフ、すべての天のヘルパーたちは、シスターの力を感じることのできる私の中心へ、私自身の力を癒やすことができる場所へと私を導いてくれます。ありがとうございます。

 

(拙訳)
信じられないほど素晴らしい

私の神聖なハイヤーセルフ、偉大なる女神は、私が神の力という私が信じられないほど素晴らしい可能性に気づくことで、信じられないことを成し遂げられると思い出させてくれます――何度も何度も。ありがとうございます。

 


🌸 🌸 🌸

 

例によって少々訳の怪しいところがありますが、大意は合っていると思います。

自分の内へ深く意識を向けるアファメーション・祈りの言葉になっていますね。
「女神」とありますが、男性でもほとんど違和感なく使えるのではないでしょうか。

「自分の中に悟りを開いた自分がいる」は、わかりにくい方もいらっしゃるかもしれません。

僭越ながら補足するならば…
一次元(点)・二次元(線)から三次元(立体)を知覚できないのと同じ理屈で、自我の視点から悟りを開いている自分は見えないため、悟りは自分から離れた遠い場所にあるように感じられますが、実は悟りを開いている自分の次元に自我の次元は内包されています。

悟りを開いている自分=魂と捉えるなら、悟りを開いている自分は自分の(肉体の)内側にいるという表現がしっくりくるでしょうし、次元としては悟りを開いている自分の中に自我があるというほうが適当でしょう。

もしかすると翻訳がおかしくて、カードの趣旨とは違うかもしれませんが、ご参考までに。

  動画でカードの雰囲気やサイズ感、キーワードなどを確認できます。

 

欲しくなったらこちらから