この不穏な状況下で、スターシードのあなたは一体何にチャレンジしているのか★Semi-nakeさんへのカードリーディングメッセージ

カードリーディングオラクルカード,スターシード,タロットカード,リーディングのご感想,個人リーディング,有料リーディング

お待たせいたしました。
Semi-nakeさんへのリーディングメッセージをお伝えいたします。

使用したカードデッキは、

Semi-nakeさんに、事前に引いていただいたキーカードは、
天からの贈り物を受け取りに行ってください
コンパスはあなたの中です

です。

では、ご自身の内側の反応をよく観察しながら、お読みください。

 

 

現在の顕在的な状態(外側から見たあなたの様子)
先行きを案ずる気持ちもありながら、それに翻弄されることなく、知恵と愛情をもって生活をしっかり守ろうとしている様子です。

現在の潜在的な状態(あなたの心/特に潜在意識)
「このままで大丈夫なのだろうか」という不安があります。
それは社会情勢に対して、ご自身やご家族の経済や健康などに対して、また、この状況のなかで、これまで培ってきた自己信頼を失うのではないかということに対して抱いている感情でしょう。

…と、ここまではカードを引かなくてもおよそ見当がつくことですが、予期せぬカードが出てきました。
その不安とは裏腹に、明るい希望の太陽が燦々と照っています。
心のどこかで、その光を感じ取っていらっしゃるかもしれません。
キーカードの「贈り物」と関係がありそうです。

現在あなたが行っている霊的なチャレンジ
Semi-nakeさんの現状は、たとえるなら「妊婦」です。
先述の不安と希望はまさに、出産を控えた妊婦の心情といえるでしょう。
「私にちゃんと産めるだろうか」「母子ともに健康でいられるだろうか」といった不安と「早くかわいい赤ちゃんに会いたい」「愛する我が子を腕に抱きたい」といった期待が入り混じっている状態をイメージしました。

Semi-nakeさんの現状でのチャレンジは、そのプロセスも含め無事に出産することにあるようです。

ただし、何かを生み出すことは、同時に何かを失うことを意味します。
Semi-nakeさんは、新たな生との出会いの前に死を体験するでしょう。

それは旧我(自我)との別離です。

人生の大きなターニングポイントではよくあることですが、このように努力すれば成果が出る、このように願えば叶う、このように人に接すれば愛されるといった、自分なりに見出してきた人生の法則が役に立たなくなるかもしれません。

しかし、その法則は二元的(相対的)視点から生まれた幻想です。
ですから、これまで心のよりどころにしていたものや人、自身の知性・体力・信念などが申し合わせたように力を失い、支えになってくれなくなったとしても、パニックになる必要はありません。

Semi-nakeさんはその幻想を超え、真実であるワンネスの視点を取り戻していくプロセスにあります。

壊れゆく観念に執着せず、手放していきましょう。
たとえ孤独を感じることがあっても、自己不信に陥っても、それすらも幻想です。

この挑戦は、 Semi-nakeさんの霊的な自立を促します。

自分の代わりに自分の人生を生きてくれる人は誰もいない、という諦念と降伏を超えたところに、新たな人生が拓けてくるでしょう。

チャレンジを成功させるためのアドバイス・ヒント

日々の生活のなかで、思考と感情と行動が一致しているか、ハートの意思に従って行動しているか、内側に深く潜って確認してみましょう。

たとえば誰かからの要求や依頼に対し、断りたいという本心を押し殺して引き受けていることがあるかもしれません。
一見、自我を抑制した理性的な対応に思えますが、この行為は自身と相手に対する不誠実さを意味します。

嫌なことは断りましょうというアドバイスではありません。
何をするかではなく、どのような心で行動しているかという点に注目しましょうというメッセージです。

「相手のためになるなら、相手が喜んでくれるなら、自分は犠牲になってもかまわない」「自分のことはさておき、誰かを助けたい」という気持ちが潜んでいないか探ってみてください。
もし見つかったら、自分をないがしろにしているその習慣が、何に根差しているのかさらに内観してみましょう。


自粛要請に伴い、閉塞感に包まれているこの状況下では、窮屈な思いをする場面が少なからずあるかと思います。
平穏なときであれば比較的容易に叶えられた「人から認められる自分でありたい」「理想的な生活を維持したい」という願望が満たされにくい状況です。

理想に反した自分のありようを受け入れることができず、不安や苛立ちを覚えたときには、そこから目を逸らさないで、そのようにある自分に丸ごとイエスといってください。
自分に対する嘆きもすべて含めて「そうあってもよい」「生きているだけで丸儲け」とOKを出しましょう。

これは、二元的な完全性を追い求めてきた自我が降参してしまうことでもあります。

善も悪も美も醜もひっくるめて受容することは、自愛のメソッドであり、ワンネス回帰への確かな一歩です。
二元的な不完全さを受け容れるほどに、一元的な完全性に目覚めていくでしょう。


状況や心境を高次元の視点で見てみましょう。
二元的な視点に振り回されているときは、「二元的な視点で捉えてしまっている」と自覚するだけでも、随分心持ちは変わってくるものです。

そしてそれを踏まえて、「これを一元的な視点で捉え直すとどうか」と意識をシフトしてみましょう。
今、自身の目に映る世界での出来事(=事実)と宇宙の大いなる意志や働き(=真実) の視点が併存できることがわかると思います。

幻想を滅することは事実の視点を無視することではありません。
それを真実と錯覚して後生大事にするのをやめるということです。
二つの視点を別々にもつことが、事実と真実の混同からSemi-nakeさんを救い出してくれるきっかけになるでしょう。

どれほど現実が不自由に感じられても、不自由を選択できる自由がある限り、私たちは永遠に自由です。

Semi-nakeさんに与えられる贈り物は、「本質的な自由の発見」ではないでしょうか。

ぜひチャレンジを成功させて、「自由」の元気な産声を聞いてください。

 

*…*…*

 

以上がリーディングメッセージとなります。

素人の覚束ないリーディングですが、僅かばかりでもお役に立つようなことがあれば幸甚です。
あくまでもメッセージは、ご自身の内にある本当の答えを引き出すためのきっかけでしかありませんので、ハートの声を第一としてお受け取りくださいませ。

恐縮ながら、noteより投げ銭(1000円~)をいただけますとありがたく存じます。
何卒よろしくお願いいたします。

 

【追記】
Semi-nakeさんより投げ銭&ご感想をいただきました。
ありがとうございました☆